タバコは止めようと思ってもなかなかやめられるものではありません。間違った禁煙方法をするとストレスが溜まって逆に吸う本数が増えてしまったなんて経験がある人もいるかもしれません。そこでオススメなのがチャンピックスです。これを使えば禁煙成功間違いなしです。正しいチャンピックスの使用方法を知りましょう。

タバコが与える妊婦への悪影響について

大体の喫煙者の女性が妊娠すると禁煙しますが、出産が終わると再び喫煙を再開するケースも珍しくありません。
子供への影響を多少考慮しながらも、育児に対するストレス発散のために喫煙する方もいます。
ここで一度、喫煙していた妊婦さんは体内にあるニコチンについて考えてみてください。
女性が体内に吸い込んだニコチンは、実は母乳に分泌されていて赤ちゃんに摂取されてしまいます。
ニコチンには有害物質が含まれていて大変危険です。
赤ちゃんは一般的な成人と比べて免疫力がとても低いので、ニコチンの影響を多大に受けてしまいます。
免疫の低い方がニコチンを何らかの形で摂取してしまうと、呼吸器疾患やアトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまいます。
母親の母乳に分泌されるニコチンの量は、その母親の血液に含まれるニコチンの量の3倍になるとまでいわれています。
また、ニコチンは依存性が高く、コカインやヘロインなどの麻薬と比べても依存性が高いことが判明しています。
なので、喫煙者だった妊婦さんの赤ちゃんは、母乳を吸うときにニコチンなどの依存性のある物質も一緒に摂取していることになります。
喫煙者は脳内のニコチン濃度が下がると集中力の低下や精神の不安定などの症状が発生します。
もちろん、母乳からニコチンを摂取している赤ちゃんにも同じような症状が出てきます。
赤ちゃんは言葉を話すことができないので、期限が悪くなってしまったり、なかなか寝付けない状態になってしまいます。
そうなると育児する側もそばにいてあげなくてはならない時間が増えてしまい、ストレス増加の原因になってしまいます。
赤ちゃんは消化器官も未発達なので、吐き気や嘔吐などの症状は発生してしまいます。
ニコチンはビタミンCを壊してしまう効果があるので、赤ちゃんのためにと栄養価の高い母乳を与えても効果が薄く、赤ちゃんの成長を妨害してしまいます。
ニコチンは代謝が早い薬物なので、喫煙してから約3時間経過すると母乳に分泌されるニコチンの量が減ります。
しかし、授乳頻度が減っていく生後から4か月後辺りまでは、喫煙を控えることをお勧めします。