タバコは止めようと思ってもなかなかやめられるものではありません。間違った禁煙方法をするとストレスが溜まって逆に吸う本数が増えてしまったなんて経験がある人もいるかもしれません。そこでオススメなのがチャンピックスです。これを使えば禁煙成功間違いなしです。正しいチャンピックスの使用方法を知りましょう。

喫煙者はがんになるリスクが非常に高い

喫煙者の発がん率は非喫煙者に比べて高いといわれています。
がんには様々な種類があり、中でも肺がんにかかる確率が非常に高くなり、非喫煙者とに比べて肺がんでの死亡率が5倍近くも上昇します。
発がん率が高いのは肺がんだけではなく、咽頭がんや食道がん、喉頭がん、胃がんなどのがんも発がん率が高いです。
がんはタバコを吸う時間が長ければ長い程かかる確率が上昇していきます。
肺がんによる死亡率は禁煙歴の長さによって軽減することが可能です。
例えば、喫煙者の肺がん率を非喫煙者の5倍だとします。
禁煙から5年後には肺がん率は4倍未満に抑えられます。
更に25年以上経過すると肺がん率は0.5倍と、ほぼ非喫煙者と変わらなくなります。
同等とまではいかなくても喫煙時と比較すると比べ物にならないほど肺がんへのリスクが抑えられているのがわかります。
これは他のがんにも同じく当てはまります。
がんの原因は本当に様々なものがあり完全に排除することは非常に難しいですが、禁煙はその原因の中でも即効性があり非常に効率がいいがん予防法になります。
禁煙を始めようと思ったその時から始めることが、喫煙者が行える1番のがんに対するリスクケアに繋がります。
病院でも禁煙の診察を行っていて、ニコチン依存症であるなどの一定の条件を満たせば保険も適応します。
条件は主にニコチン依存症の判定テストで基準点以上を取ることや、一日の平均喫煙数と喫煙年数を計算してその合計が200以上になるなどがあります。
どこの医療機関でも診察を受けられるわけではなく、禁煙外来を掲げている病院でのみ診察や治療を受けることができます。