タバコは止めようと思ってもなかなかやめられるものではありません。間違った禁煙方法をするとストレスが溜まって逆に吸う本数が増えてしまったなんて経験がある人もいるかもしれません。そこでオススメなのがチャンピックスです。これを使えば禁煙成功間違いなしです。正しいチャンピックスの使用方法を知りましょう。

喫煙者は副流煙の影響を理解しよう

禁煙治療を行うことは、自分の身を守る以外にも周りの人間の健康を守ることに等しいです。
タバコを吸うと、どう頑張っても副流煙が発生してしまいます。
タバコの煙を吸って喫煙者の口から出る煙を主流煙と呼び、火をつけたタバコから自然と発生する煙を副流煙と呼びます。
副流煙に含まれている有害物質は、主流煙に含まれる有害物質より断然多いです。
ニコチンの量は約3倍、タールの量は約3.5倍、一酸化炭素の量は約5倍になります。
ニコチンは血圧上昇効果や心拍数が増加して心臓へ負担をかけます。
タールは発がん性のリスクが潜んでいて、進行を進めます。
一酸化炭素は血液の中に含まれる酸素を運ぶ働きを妨害して、心臓や脳に負担をかけます。
何故タバコを吸っている人の方が有害物質の摂取が少ないのかというと、タバコにはフィルターが付いていて、それがある程度の有害物質を抑えてくれています。
タバコの副流煙は知り合いや家族の健康状態を悪化させるだけでなく、特に乳幼児への影響が大きいので気を付けなければなりません。
乳幼児は抵抗力がまだ弱いので副流煙による影響を直接受けてしまいます。
副流煙の主な悪影響は、がんのリスクが上がることで、特に肺がんの確率が非常に高くなります。
副流煙の対策はタバコを吸っている人に近づかないことが一番の対策になります。
空気清浄機を作動させているから平気だと思っている人もいますが、空気清浄機だけでは全ての有害物質を除去できるわけではありません。
もしどうしても気になる場合は、喫煙可能なスペースがある場所は極力避けた方がいいです。
他にも心筋梗塞やぜんそくのリスクが高まり、一度悪化してしまうと治療が不可能になってしまうケースもあります。
もし禁煙中の人が万が一吸いたくなった時は、副流煙の影響についてや周りの人の顔を思い出すのがいいです。
禁煙するという強い意志が成功に繋がります。