タバコは止めようと思ってもなかなかやめられるものではありません。間違った禁煙方法をするとストレスが溜まって逆に吸う本数が増えてしまったなんて経験がある人もいるかもしれません。そこでオススメなのがチャンピックスです。これを使えば禁煙成功間違いなしです。正しいチャンピックスの使用方法を知りましょう。

日本初の路上喫煙禁止条例施行地域は東京

少し前までは、通勤中や帰宅中などに道を歩いているとタバコを吸っている人とすれ違うことがありました。
すれ違った際にタバコの匂いがしたり、蒸した煙が衣服について嫌な思いをした人も少なからずいたはずです。
そんなことも現在では少なくなりました。
何故なら、現在の日本では路上喫煙禁止条例が施行されているからです。
日本で初めて路上喫煙禁止条例ができたのは東京の千代田区です。
路上喫煙禁止条例とは、公共の場所では歩行中や運転中の喫煙を禁止したり、指定された喫煙場所以外での喫煙を禁止するものです。
さらに路上喫煙禁止重点地区に指定されている場合に、指定された場所以外でタバコを吸うと2千円以下の過料を科すことができます。
これにより、歩行喫煙が原因だった子供や車いすを利用している方々の火傷事故や、タバコのポイ捨てによる環境汚染、煙による被害などが減少しました。
東京はとても人口が多い街なので、その東京が先陣を切ってこのような条例を作ったというのは、非常に大きな意味があるといえます。
その影響か、いい条例は率先して取り入れようと他の自治体も考えるようになりました。
これにより、路上喫煙をしないほうがいいという認識が日本中に広がっていきました。
非喫煙者にとっては日本が住みやすい国なったと考えられます。
現在全国で施設の分煙化が進んでいて、喫煙者の方の肩身は少し狭い世の中かもしれません。
しかし、タバコは百害あって一利なしといわれている世の中で、喫煙自体を禁止されていないのであれば十分優遇されているという考え方もできます。
今後も日本では嫌煙の方針は変わらないかもしれませんが、喫煙者の方にも人権はあるので、タバコを吸うときは指定された場所で吸うようにして、非喫煙者と上手いこと折り合いを付けていくと素晴らしいです。